塗装㊙情報

見積書の比較は無意味?

見積書の比較は無意味? 見積もりを取ったら、比較検討をします。 家の塗装の見積もりには、決まった形式がありません。 また。決まった計算方法というのもありませんので、 業者によっては計算方法が異なります。 そもそも、 何がちがうために比較が困難になっているのでしょうか? 例をあげて見ます。 使用する塗料がちがう。 面積の算出方法がちがう。 単価の算出方法がちがう。 たとえばAの業者が、「㎡」で細かく算出しても、 Bという業者が「一式」では、 比較ができない。 項目がちがう。 家は外壁・木部・鉄部などさまざまな素材で構成されている。 Aの業者が「木部○○円」と計算していても、 Bの業者が木部も鉄部もごちゃ混ぜに計算されていては、 比較ができない。 また、 見積書で塗装の品質を確認することは現実的に非常に困難です。 よく誤解してしまうのは、 「塗料の品質」と「重ね塗り」です。 高級な塗料や3回塗る表示があっても、それだけでいい工事ということを判断しないことです。 実際にその通りの工事になるのかは、業者任せになってしまう。言わば確認できない部分にもまりますし(工事中にしっかり施工写真を撮って提出してもらうなどの対策はありますが) 悪質な例を例えれば、 一般の塗料を高級塗料の缶に移し替えてつかうという話もあるぐらいです。(うその様で本当の話し) それと同じくして、特に最近多いのが、 家の傷み具合の状況を見積もりのときに調査し写真つきなどで報告してもらう場合です。 このような報告は自分ではわからない場所を指摘してくれると、 その傷みにたいしてきちんと処置をしてくれるという安心感がもてますが、 確実な作業をしてくれるというものとは別物です。 実際に複数の業者から見積もりをとればわかることですが、 結局のところ合計額と塗料の種類の違いだけの判断で終わることが多くなります。 最終的には、見積の比較は、基本的に、価格の比較・塗料の比較となり、 結果的に、いい仕事をしてくれる。 長持ちする塗り替え塗装工事を、きちんと施工をしてくれる。 選択した塗料をきちんと使用してくれる。 と・・。 これらの、内容は、見積書を比較検討した所で、 そこまでの内容は、見えるものではないですからね~ では・・。 伊藤からのアドバイスとしては、 見積書や診断書の提出内容は、もちろん、しつかりしているかはもちろん。 契約時に、契約書・クーリングオフ書面の提出・工事着手前のご近所様への対応・工事中の工事写真台帳の提出・各種塗料の保証書の発行・・・。 これらを提出してくれるか、きちんと確認する事です。 そして、これら、国土交通省で決められた事を守っているか? これらの、提出がなければ、何か問題や、不具合があった場合の証拠がありませんから 考えると怖い事なんですよね。 やはり、見積の比較検討からは、金額と、塗料の種類がメインとなり 肝心な塗装工事の作業と言う物は全く見えませんから・・。 本当は、その塗装店・塗装会社の過去の実績やら・・。 どんな人達が工事に入ってくれるのかと言う・・。 顔の見える部分などが実は、一番硬い業者選びなのかもしれませんね。 最終的には、人間と言う人が工事を施工するのもですし・・。 その塗装店・塗装会社が、どんな想いや理念を持ち仕事に向きあっているのか? 見積では、解らない部分こそ・・。 比較検討する必要がある部分なのですね。 富士宮市・富士市・裾野市・御殿場市・山梨県の皆様には・・。 くれぐれも、この辺をきちんと理解してもらい。 見積書では、比較検討できない部分が大切な所になる事が多々ある と、知って頂きたく書かせて頂きました。 参考になれば幸いです。
塗料のことを知りたい方はこちら ご相談お見積り無料です

メールでのお問い合せはこちらから

は必須項目です

お問い合わせ内容 お見積り依頼 塗装・防水のご相談
その他のお問い合わせ
(※いずれかをお選びください)
コチラからの返信方法 メール お電話
(※いずれかをお選びください)
お電話を選ばれた場合の電話番号 (※いずれかをお選びください)
お名前 (例:山田 ※苗字でOKです。)
メールアドレス (例:xxxxx@xyz.jp)
(確認)
資料請求 希望する 希望しない
(※いずれかをお選びください)
ご質問はこちらへどうぞ ※2500文字以内でお願いします

(例:〇〇市で外壁塗装をかんがえています。見積りをお願いしたいのですが●日に訪問可能でしょうか?)