塗装予備知識

まずは、適正価格を知ってもらいたくて・・・

価格。値段これは皆さんが、一生懸命働いたお金で、ご自分の大切な住まいを手入れされるわけですから、少しでも“安い物”を選択されるのが当然だと思います。でも、安すぎても不安が募ってしまう。そう思いませんか?価格というのは、そういう意味でとても難しいものですね。 塗装・リフォーム工事は、カタログ販売ではありません。例えばあなたが車を買う事になりました。あなたは、どんな行動を起こしますか?各メーカー、販売店ではいろいろな新車を取り揃えていますよね。カタログを取りよせたり、ショールームに実際に行って試乗してみたり。 つまり、あなたは買いたい車を手で触ったり、見たりして体感できるわけです。週末の楽しいドライブを想像できます。それだけでワクワクする事でしょう。 また、電気製品でもそうです。テレビ、ビデオ、洗濯機、パソコンに至るまでA電気にしても、B電気にしても品揃えは抜群です。これらも車と同様に、商品を直に手に取って見る事ができるのです。 そして、あなたが欲しいと思ったその商品。どの店で購入しますか?同じメーカーの商品で、定価が決まっている。当然同じ商品であれば、安い方を選びますよね。もちろん販売員の接客や、アフターサービスにもよりますが。 もうお分かりですよね。そうなんです。そこなんです。塗装・リフォーム工事はカタログ商品ではないんです。また、定価という物も無いに等しいのです。だからお客様が悩んでしまうんですね。 もちろん、塗装・リフォームの中にも、カタログで商品を選ぶことができて、ショールームで体感でき、定価があるものもあります。例えばシステムキッチン、システムバス、トイレ、洗面所などのサニタリー商品がそれです。 しかし、これらも工事費は含まれておらず、現場毎に違ってきます。外壁などほとんどの物はイメージ商品です。もちろんそれなりのカタログや、サンプルはありますが、家の大きさ、形が違うように下地の状況や痛み具合によって、金額も全然違ったものになってしまいます。また、工法や材料の選定によっても違ってきます。 お客様も実物を体感できない。価格もまちまち、知識も無い、だからどれをどう選んでいいのか悩んでしまうのではないでしょうか? スーパーで大根を買うくらいの値段でできるのであれば(大根も大切だけど)、少しの価格の違いがあっても我慢できるでしょうが、何十万円あるいは百万円以上の費用がかかる場合、それでは済みませんよね。 それでは一体どうやって適正価格を知ればいいのでしょうか? あなたは今まで外壁塗装・屋根塗装の見積を、ご依頼された事はありますか?新築ならば、設計図面があって、その図面の中に仕様書というものがあります。 この仕様書とは[どこの箇所にどこの商品をどのように使え]という指示書です。ですから、このように新築の場合は、たとえ3社から競合見積を取りよせたとしても、価格の比較ができるのです。 しかし、リフォーム工事は見る人によって見方が違います【見積作成者】。ですから価格に差が出てしまいます。もし知識が無ければ、高い買い物をしてしまう場合もあるわけです。 こちらのホームページでは、折角、このホームページをお読み下さったあなたに、この塗装の予備知識をふんだんに理解頂き、少しでも外壁・屋根塗装・リフォームについての事前知識となるよう、他のホームページとは、違い、文章の多いホームページとなっておりますが、あなたの塗装・リフォームが失敗しない様にお役に立てればと随時、作成、アップしてまいります。
塗料のことを知りたい方はこちら ご相談お見積り無料です

メールでのお問い合せはこちらから

は必須項目です

お問い合わせ内容 お見積り依頼 塗装・防水のご相談
その他のお問い合わせ
(※いずれかをお選びください)
コチラからの返信方法 メール お電話
(※いずれかをお選びください)
お電話を選ばれた場合の電話番号 (※いずれかをお選びください)
お名前 (例:山田 ※苗字でOKです。)
メールアドレス (例:xxxxx@xyz.jp)
(確認)
資料請求 希望する 希望しない
(※いずれかをお選びください)
ご質問はこちらへどうぞ ※2500文字以内でお願いします

(例:〇〇市で外壁塗装をかんがえています。見積りをお願いしたいのですが●日に訪問可能でしょうか?)